2021-08-20 | 地元発見

【ESTINATE HOTEL沖縄】シェフ厳選!!ホテルから徒歩圏内の沖縄そば店①

ESTINATE HOTEL沖縄内のレストラン「エスティネートラウンジ」でシェフを勤める木村です。

日頃よりゲストの皆さまから「沖縄そばのオススメ店は?」と質問されることが多いので、この場を借りてご紹介したいと思います。

今回ご紹介するお店は、すべてエスティネートホテルから徒歩圏内で行けるお店。

ひとくちに沖縄そばといっても、さまざまなタイプのものがあり那覇市内にも色々なお店があるので、来島の際はぜひ食べ比べを楽しんでみてください!


沖縄そば?ソーキそば?


沖縄に旅行に来る方によく質問されますが、そもそも沖縄そばとソーキそばは違うのでしょうか?

沖縄そばは、沖縄独特の麺(沖縄そば)を豚とカツオのだしのスープで頂く料理です。

メニューに「沖縄そば」と書かれていると、豚バラ肉の煮込みやかまぼこ・青ネギなどの具材がのったものが出てて来るのが一般的。

「ソーキそば」はソーキ(あばら骨肉)の煮込みがのった沖縄そばのことを言います。

つまり”沖縄そば”は総称となり、ソーキそばも沖縄そばの一種です。

シェフ厳選地元に愛される沖縄そば店


お食事処 花笠


ESTINATE HOTELから徒歩1分。当ホテルから一番近いお店です。

国際通り方面(平和通り)にある老舗の「花笠食堂」と名前が似ていますが(というよりほぼ同じ名前)、この「お食事処 花笠」は全く別のお店。

いろいろなメニューがある一般的な沖縄食堂ですが、ここは沖縄そばも本格派。

▲沖縄そばセット ¥700

丁寧に煮込まれた澄んだスープは、カツオだしが効いた薄い褐色のスープで、繊細な香りと味わいがあります。

麺はリングイーネ型のちぢれ麺で、沖縄本島中南部ではもっとも一般的な麺です。

写真は 沖縄そばセット 700円。三枚肉とソーキものったお得なトッピングです。ジューシー(雑炊=炊き込みご飯)のおにぎりがベストマッチです!

【店舗情報】
お食事処 花笠
〒900-0032 沖縄県那覇市松山2丁目22−4  098-941-1234
営業時間 10:00~20:30(日曜日定休)


やまや


ESTINATE HOTELから徒歩2分のやまや。

距離的にはとても近いですが国道を横断するために横断歩道まで少しまわるため、2番目に近いお店です。

沖縄そばの専門店とキムチ工房が同居していて、メニューでも無添加手作りのキムチが食べられます。

沖縄そばも化学調味料無添加の本格派です。

やまやさんは焼肉店で働いていた職人さんが、キムチの評判が上がったためキムチ屋として独立したのが始まりだそうです。

そのうち、沖縄そばとキムチの店となり30年の月日が経ちました。

▲やまやそば(キムチ付き)¥590

沖縄そばは無添加ならではの優しい味で、毎日でも食べられる美味しさです。

豚骨をしっかり煮込んだだしに、カツオの風味をプラスしたスープ。

麺は一般的な白ちぢれ麺。

キムチは濃厚な旨味があり、その中でも野菜の甘味が失われることがなく、辛さよりも優しい甘さが勝つという不思議でいて且つ絶品のキムチです。

このキムチとそばの食べ合わせは、双方を活かす素晴らしいマリアージュで、やまやさんでしか味わえない唯一無二の味です。

【店舗情報】
やまや
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2丁目21−12  098-862-7037
営業時間 11:30~20:00(日曜日定休)


高良食堂


ESTINATE HOTELから徒歩14分。

ESTINATE HOTELから波の上ビーチに向かう途中にあるのが「高良食堂」。

地元では有名な老舗の沖縄食堂です。

メニューは多岐にわたりますが、沖縄そばもオススメ。

▲野菜そば ¥500

オススメは野菜そば。

綺麗に澄んだスープで、褐色であるのは鰹だしが多めな証拠。

野菜の甘味と風味もスープに溶け出し、コクがプラスされています。野菜炒めにはお肉も多く入っていて、食べ応えも十分です。

麺はこちらも一般的な白ちぢれ麺。

こちらの高良食堂は、那覇で唯一の波の上ビーチからも歩いて5分ほどの距離にあるので、ビーチで遊んだ後に沖縄そばを食べるのもいいと思います。

【店舗情報】
高良食堂
〒900-0031 沖縄県那覇市若狭1丁目7−10   098-868-6532
営業時間 10:30~20:45(無休)